セラミック治療

白い歯の詰め物・被せ物について

セラミック素材を使った白い歯

セラミック治療

歯を治療しなければならなくなった際には、金属ではなくセラミック素材を使って、見た目を白く仕上げることを、セラミック治療をいいます。

最近は、見た目の美しさはもちろん、将来の虫歯予防のためや体に優しい治療などといった理由からも、銀歯ではなく白い歯にしたいという方が増えてきています。

このページでは、保険診療でできる白い歯、セラミック治療のメリットデメリットについてご説明したいと思います。

保険診療の白い被せ物

一部の対象の歯については、保険適用でCAD/CAM冠ハイブリッドレジンの白い被せ物ができます。金属を使用しないため、金属アレルギーの方も安心です。

素材は、ハイブリットレジンという、レジン(プラスチック)とセラミックスを合わせた材料を使用しております。保険適用の対象となる歯は下記の通りです。

保険診療で白い被せ物ができます

■上、下の4番・5番の歯
小臼歯という部位です。

■下の歯の6番の歯
7番の歯が上下4本とも残っている場合に対象となります。

■金属アレルギーの方
・上の歯6番
・下の歯6番
・上、下の歯の7番の歯
※但し、金属アレルギーを証明する診断書が必要です。

銀歯ではなく白い歯に修復をご希望の方は、診療の際に「白い歯にできますか」と、お気軽にご相談ください。

自由診療のセラミック治療

上記でご説明した保険診療で行う白い被せ物は、ハイブリットレジンという素材に対して、自由診療では、オールセラミックやジルコニアセラミックという素材で白い歯に仕上げていきます。

セラミックは、保険診療の対象となるレジン(プラスチック)と違って、天然歯にとても近い透明感、そしてツヤが得られます。ジルコニアは、人工ダイヤモンドとも呼ばれており、生体親和性に優れ、強度が高いことが特徴です。

セラミック治療のイメージ

セラミック治療のメリット・デメリット

現在、セラミック治療のメリットして注目されているのは、見た目の白さだけではありません。次のようなメリットがあります。

劣化しにくいため長持ちする

セラミックは金属に比べて劣化が起こりにくい素材です。変色が見られず、長持ちします。

表面に歯の汚れが付きにくい

セラミックは傷つきにくいため、歯に汚れ(プラーク)が付着しにくい素材です。つまりは、今後の虫歯や歯周病予防にも繋がります。

金属アレルギーの心配がない

金属は全く使用せずに治療をすることができます。金属アレルギーなどの体への影響が少ないです。金属による歯茎への影響もありません。

デメリットとしては、オールセラミックやジルコニアを使用した治療については、保険適用外となるため、保険診療でできる治療の比べると一時的な負担額はかかります。しかし、上記のようなメリットを考えると長期的には、たいへんリーズナブルな治療といえるのではないかと思います。

症状や部位によって、使用できるセラミック素材・白い歯の治療は異なります。「白い歯にしたい」「できれば銀歯は避けたい」という方は、診療の際お気軽にご相談ください。患者さんの状況に応じたできる治療をお話させていただきます。

上矢印
ページ先頭へ
↑
上に戻る